機械伝奇ジャック徳羅自動人形展示輝く北京及び新品熱帯風景時報の鳥が三問腕時計世界初公開

スイス贅沢な腕時計ブランドのジャック徳羅(Jaquet Droz)は、北京SKP 1階中庭で盛大に開幕機械伝奇ジャック徳羅自動人形展示及び熱帯風景時報の鳥が三問腕時計世界初公開。として唯一中国乾隆皇帝下り日文名称のスイス贅沢な腕時計ブランド、ジャック徳羅はその約300年の悠久の歴史と輝かしい瀋殿し、その人に感嘆させるの自動人形工芸、外来賓たちを表現した各モデル自動人形曠世作、輝く北京。ジャック徳羅グローバル総裁Christian Lattmannさん、ジャック徳罗中国区副総裁陆兴卫さんやブランド客員貴賓、国内外の主流メディア衆ゲストのご出席に共同証人、この輝かしい時。

機械的な伝奇ジャックの自動的な人形の展覧会は北京に輝く
今回のショーは、ジャック徳罗全シリーズ自動人形腕時計のフルデビュー中国北京であり、ブランド、初めて以前分布は世界各地の有名な三尊誇る自動人形作品は北京と為替。情景は、十分に人を击节賛。北京は、ジャック徳羅中国の起点――1783年、西洋として初の扉を紫禁城の有名なブランド、ジャック徳羅を代表している西洋世界最先端の時計技術制作技術に清王朝の宮殿の中で、その所創造芸術品の時計と人々を驚嘆させるような自動人形、精妙绝伦の時報鳥に深い乾隆皇帝本人の愛顧。今日、秘蔵故宮の内の数十件ジャック徳羅時計の傑作、歴史の風雨を見届けて、依然として中国とジャック徳羅の間の数百年の縁。

ジャック徳羅グローバル総裁Christian Lattmannさん(右)とジャック徳罗中国区副総裁陆兴卫さん(左)は今回の展覧開幕テープカット
今日の北京、すでにグローバルブランドの中心市場。ジャック徳羅で全シリーズ自動人形展と同時に、更にを新たに自動人形腕時計――熱帯風景時報の鳥が三問選択に北京で行われた世界初公開式で、全く新しい顔見せジャック徳羅ブランドとともに前進の工芸の魅力。中国の商業のランドマークの一つとして、北京SKP「中国の百貨店第一店”の名誉が、国内の逸品百貨界にふさわしい「牛耳る者」、そのハイエンドの優雅な環境、豪華快適ショッピング体験は国内外の消費者が広まり。ジャック徳羅ここは自動人形のファンに違いない者たちがうまく鑑賞ブランドが現れた視覚御馳走し、抜群の自動人形工芸は北京まで連れて行く世界、すべての時計ファンたちに提示。

ヤクの熱帯の風情の時報の鳥の3は世界のスタメンを聞く
今回行っ世界初公開のジャック徳羅熱帯風景時報の鳥が三問腕時計、ブランドは2012年に続いて初めて発表され自動人形腕時計後に再び呈上扛鼎傑作は、動的鳥やその他の動物の自然の美しさを称賛し、再び突破の想像力の境界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です