水の下で腕時計の本当の貴族」などの賛辞が何でも、それはそうされますか?

前回「潜水表」、字数の問題に触れないダイビング先駆宝プラチナ(BLANCPAIN)の五十噚(FIFTY FATHOMS)シリーズも免れないので、友たちや表され、今日葉単独来て。

50噚以外に、宝のプラチナの傘下にまた経典、開始、指導者や巨匠など多くのシリーズが、たいして有名とは、50噚ない上、ネット上では「潜水先駆者として、水の下で腕時計の本当の貴族」などの賛辞が何でも、それはそうされますか?
五十噚どうして「五十噚」?
50噚熟知の表友やファンが「噚”は1種のインチ長さ計量単位、いち噚約イコール1.83メートルで、ごじゅう噚は91メートルぐらい。50という数字で命名されたのは何か特殊な意味があるのではないでしょうか?

宝プラチナ1735年創業、50噚シリーズは1953年の誕生。1952年の時、フランスの2人の士官は1本の水下作戦部隊を設立するつもりで、しかしその時の腕時計は兵士の悪い環境の下で任務を実行することができないことを発見しました。このため、2人の士官はスイスの宝プラチナを見つけ、水の下での環境に満足できる腕時計を作ってほしいと思っています。

一年後の研究実験を経て、第1匹の50噚腕時計はついに開発に成功し、防水程度に達した水中50噚(91メートル)ごろ。にちなんで「噚」を採用して、その時宝プラチナのCEO Fiechterさんはこの時計開発時、脳裏をたまに思い出したシェイクスピアの名作『嵐』の中の言葉に「五噚の水深は横になってあなたの父・・・・・・」で、以後インチ長「噚」と命名された。今見ればロマン主義の色があるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です