2017年にバーゼルの宝石時計博覧会で「金の斧」と呼ばれていた帝舵宮さんシリーズ黄金鋼型腕時計を出した

2016年の旧正月は、2015年の大ヒットを問わず、帝舵の潜水表シリーズとして担当していて、仏陽子が豪華ネットを集めている青島駅の小編集長が、一年ごとに工夫を凝らしたデザインで新商品に注目を集めている。今年も例外ではありませんが、2017年にバーゼルの宝石時計博覧会で「金の斧」と呼ばれていた帝舵宮さんシリーズ黄金鋼型腕時計を出した。金の設計と精巧なファッションの黒い文字盤が完璧に結合され、多くの人に注目を集めている。- -仏陽子集まっている青島駅

上記の環のほかに、この時計はチュードル潜水表誕生60週年記念モデル腕時計、この新品碧湾シリーズを踏襲経典腕時計のラインと割合は、回転アウトコース、ねじ込み式にリストを冠して黄金で制造し、経典大気。回転アウトコースを添えてつや消し黒陽極アルミナ字界、文字盤と同様、とてもきれいで。シリーズの定番の潜水表の文字文字盤を踏襲し、角がはっきりした「雪」の針を踏襲し、簡単な円形、三角形と短冊の時に、より鮮明に直感的に着用者に伝えることができます。

仏陽子ポリ贅沢な網青島駅
ちなみに、腕時計の接続ケースのヒンジの中央金属を採用して鎖リンクな言いふらすの18金実金材質で作り上げて、殘りの時計の鎖中央も厚い金箔に飾りを正式な腕時計、端正、精緻な全体の印象と感想を楽しむ。また、いくらは金属の時計の鎖はアンティークの皮はバンドモデルを一条紋バンド織。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です