ティソの古典的なクラシックシリーズ

古典の復古刻表、ティソのレトロなシリーズ。文字板の外側のリングの採用のはレール式時間表示、時間スケールの採用のはアラビア数字が復古息、ケースを採用した精鋼材料、表面を一つ一つ精密研磨に磨きをかけて、非常に金属光沢感。

腕時計といえば、皆さんによく知っていると思いますが、今日の小編集は皆さんのために、ティソの腕時計を紹介します。腕時計といえば、まず腕時計の歴史や由来、昔は懐中表が好きだったが、一戦になると、実用的に便利なように腕時計をつけ始めた。

そのためあの腕時計のデザイナーで、元々は腕時計の鎖変換バンドなので、ティソレトロ経典シリーズの腕時計、採用したという経典の復古の制作技術を見せ、前世纪の腕時計の特徴は、今日の主なのは男性の金の腕時計。

上図は腕時計のピクチャー、腕時計のデザインからインスピレーションは1936年のティソ腕時計、文字盤はシンプルで上品な経典モデルとしては、直径45ミリ、厚さは12.98ミリ。表盤はシンプルな白で、真ん中はグレーで、表盤の下の6時の位置に、1つの小秒盤、真ん中12時位置、ティソのロゴを刻んだ。

文字板の外側のリングの採用のはレール式時間表示、時間スケールの採用のはアラビア数字が復古息、ケースを採用した精鋼材料、表面を一つ一つ精密研磨に磨きをかけて、非常に金属光沢感。

表殻の背中には、専用のスイッチが設置されています。時計冠は3時の方向にある。組み合わせは茶褐色の真皮が付いていて、着心地もいいし、他のバンドのラインは白の糸で、さらに古臭い味を持っています。

腕時計のテーブル掛けの採用のは精スチール針は掛けて、その上に刻まれてティソアルファベット「取り扱うTISSOT」。シンプルな大気の大時計の文字盤に合わせて茶色のバンド、強調男の気質成熟し、また復古の経典の腕時計も人気を皆さんの目に、この時計売り場の価格は7550元、価格が相対的に比較的合理的で、多くの人が受け入れられる価格。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です