これは復古の筋のある時計ファンにとって絶対に抵抗力のない誘惑です

帝舵表の今年の表展ではすべての風頭が赤青圏に奪われたが、帝舵小盾58は私が最も無視された一つの腕時計だと思っていたが、今年の帝舵はこの時計を少し変えた。直径は4 1 mm×15 mmで、90 mm×11 mmまで縮小し、最新のこのサイズは東洋の人にも適していて、女性がかけてもストレスがない。

この時計の全体的なスタイルは非常に復古で、これは復古の筋のある時計ファンにとって絶対に抵抗力のない誘惑です。機軸には、帝舵自産MT 5102、200メートルの防水動力備蓄は70時間、そして天文台の認証を受けた。参考価格2.3万元

今年1月にペナニーは新しい腕時計、3日のチェーンが発売されました。この時計の直径は38 mm×11.2 mmで、これはロマンチックな海の1回の大ダイエットと言うことができて、更に私達の小さい腕の豊かな福音です!特に白の表盤、2針半の設計、アラビア数字の場合、もちろん表盤が縮小していますが、ローナ海のマーク的な保護橋はまだキャンセルされていません。

今年はオメガの海馬300潜水表が誕生した第25年で、外から見て、4分の1世紀は大きな日で、そのためオメガは一気に10数金の海馬300を出して、鋼の金、金の金はいずれもあって、さらにチタンのタンタルの金属の金もあります。

外観設計の上で、新しい海馬300は比較的に明らかに変えて、表径はかすかに42 mmまで増加します;列のヘリウムのバルブは元の円筒形によって円錐形に変更されます;表の輪と表盤はすべて陶磁器で、また盤面は波の波紋の装飾処理をします;エナメルの時にはスーパー- Lamichvaの夜光を塗ります;カレンダーの窓は6時の位置まで調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です