再びこの腕時計をテーマにして、新たな女装腕時計が発売された

深い青は近年の時計の主流の色で、この色の要素とぶつかって、ブランドの伝統的なデザインが再び活気に満ちている。2017年、帝舵潜水表が誕生した60周年で、ブランドは年に一度のバーゼル時計ジュエリー博覧会に、多彩なスタイルが新たに新設され、性能の抜群の潜水時計がこの輝かしい時刻を祝う。その中には、帝舵啓による青い湾型41腕時計がある。質。2018年には、再びこの腕時計をテーマにして、新たな女装腕時計が発売された。青い湾型41および36の外に加えて、また1枚の32ミリの直径の表の金を新たに追加して、しかも各サイズはすべて青色の表盤が選択を提供して、適切な潮流の傾向を提供します。次に、この腕時計を見てみます(腕時計タイプ:M 7954)

とっくに20世紀の60年代から、帝の舵表はずっと旗の下のシリーズのために青色の表盤を提供して、青い湾型の41と36表の金はずっと黒色の表盤を組み合わせます。今回は、新しい青色のフォームのデザインを出して、お客様のためにもっと多くの選択をするだけではなく、ブランドの歴史の伝統を受けます。新しい腕時計の青は、碧と深い紺色の紺色の間にあり、また、表面工芸品として、上品な雰囲気を高めています。これまでの黒のディスクに比べて、新たなブルーがより鮮明で、より澄んでいて、青い湾シリーズのデザインを示しています。

腕時計は精製鋼の材質で製造され、41、36、32ミリの表径を持っています。ちなみに今回は、このシリーズ初の小サイズの女装表を披露し、女性の美しさを放つ。昨年の腕時計と同じように、表輪と裏面の斜め辺に磨光を施し、ふっくらとした弧を見せる。その他の部分は磨砂工芸で処理して、鋼の材質の別の観感を見せる。また、磨砂技術の後の精製鋼の材質は、腕時計に対する意外な傷の影響を減らすことができ、その後期処理も比較的便利で、比較的実用的な細部処理である。

精製鋼の「大表冠」は腕時計の側にあり、これは第1世代防水の深さが200メートル(660フィート)の帝舵ダイビング表の典型的な特徴である。その上に帝舵表のバラのロゴを刻んで、ブランドの弁識度の美学を見せる。周りは滑り止めのデザインで手触りがいい。黒色の陽極の酸化アルミニウムの冠の軸を採用して、操作は更に便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です