「スイスのハイエンド腕時計」は「性能美学超走」に触れ

身の回りの明るい目の仲間、レースの運動と製表の工業に対して極致な追求があって、互いに焦げていて孟の暗黙の了解を離れないようにさせて、ロジャーの杜のむこうとブルーの宝の堅尼の車の部門と手を交える澎湃とした情熱、また神剣Aventador Sバラの金腕時計の中で詳しく表現されます。

「スイスのハイエンド腕時計」は「性能美学超走」に触れ、体型の違いのある芸術品がどのように火花を散らしているのかは絶対に知っていますが、従来の理念と一致したロジャードゥ(ロジャーDUBHINI)やランボキニ(LABorGHINI)を超えて、ついに2017年にはラブラブで協力しています。ニセ事運動部(LamBorgHINI Corra)が耳にするようなエンジンの音が、勇気を持ったロジャードゥのアイデア実験室も歓声を上げ、世界ではスイス、イタリア両国が連打して魅力のある「エクスカリバーAventador S腕時計」に結びついていることを知った。

ロジャー杜のむこうは現代の透かし彫りの芸の中にはっきりしていて、建築の美感と完璧な機械を融合させることができて、表業界の先鋒である。正式な協力から今まで、短い時間の中ではすでに多くのエクスカリバーAventador Sの連名表金を発売しており、例えばGiaro Oron、アルクオアーガーズ。細部の設計には、ランボキニの狂気の超走元素に溶け込んで、おしゃれな内包と情熱を兼ね備えた「チャック機械」を提供し、自身の豊かな実力をハイテク素材に変換して製造し、優れた性能を備えたロジャー・杜の腕時計を備えている。

ブランドの旗の下でのエクスカリバー王者シリーズの陽剛の覇気の外形はすでに人々の心の中で高い識別度を打ち立てて、ロジャー杜のあの人は精進して精進して、持続的に各種の新しい材質を導入して、神の剣のシリーズに絶えず同じ中に異なった進化の感を示します。振り返って2017年のロボDUBedは、限定28匹のエクスカリバーシリーズ新血Aventador Sバラ金腕時計、黒復層炭素繊維表殻を採用し、ローズ金表輪表冠の高貴な組み合わせを採用し、極致のスイスの高級製表の技として、腕の間に着けるようなまぶしい超走!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です