自分のコレクションの腕時計を共有するために使用して

Dan Henyというブランドには、葉は愛と憎しみで、これまで国内でも多くの人に属しています。これは最初にヨーロッパの骨董品のコレクションの家が作った同名のウェブサイトで、自分のコレクションの腕時計を共有するために使用して、その後も理章して自分の同名のブランドを確立します。

Dan Henyが歩いているのは「優と復古の設計ルート」で、すべてのデザインがヨーロッパで完成したのは、中国と日本の機軸を採用しているが、国内では少ない。イメージポイントとしては、「内」よりも顔の値よりも優れている。

Dan Heny傘下には多くのシリーズがあるが、1970年代の自動ダイバーシリーズは、機械の芯のほか、すべてが石英の芯であることに注意したい。
名前のように、このシリーズのデザインは、上世世紀の70年代のダイビング腕時計、表盤+内輪+手調カウントダウンの3重構造を参考にし、内輪が発光物に加えて水下読みの可能性を保証した。表鏡はブルーの宝石の鏡面を採用して、自動的にチェーンのコアが40時間の準備をすることができます。これらの配置から見ると、決して安価ではありません。

こんなに良くて、あれは愛ではありませんか?どうしてまた恨みますか?
ちょっと欠けているのは、ブランドの標準装備はすべてゴム表帯で、逆に金具がそんなに高級に見えるように見える。
キャンバスに着替えているか、あるいは皮の表殻が「大札」になるのは間違いない。

しかしこれらはやはり変えることができて、最も葉が溝がいっぱいになると感じて、美しい中で不足しているのは、このシリーズの潜水腕時計はすべて大表径の設計で、最小でも40 mmで、最大の46 mmに達した。「耐えられない」なら、何度も考えて、服を合わせるのも面倒だ。

いくつかの比較的特色があることを言って、最後にまたビジネスの場に適しているブランドを推薦します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です