ファッション

グランドセイコー ヘリテージコレクション SBGH279 9S85-00W0 55周年記念限定が登場!

なんとケース、ブレスレットにエバーブリリアントスチール採用

グランドセイコー ヘリテージコレクション SBGH279 9S85-00W0

型番 SBGH279 9S85-00W0
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー グレー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 40.0mm
ブレス内径 【測り方】 約19.5cm
防水性能【公称】 10気圧
機能 デイト表示
付属品【詳細】 内箱
外箱
ギャランティー

「燦然と輝くウォッチ」を目指してデザインされた「44GS」。
この「SBGH279」は、そのスタイルを現代的に解釈して生まれたケースを採用しています。
独特な平面を主体としたケースに、グランドセイコーではあまり見かけないグレー文字盤がクールな印象です。ムーブメントはより安定した精度を実現するハイビートムーブメント「9S85」を搭載しています。

1960年に「最高峰の腕時計」を目指し誕生したグランドセイコー。以来、高い次元で正確さ、見やすさ、美しさという、腕時計としての本質を追求し続けている。1967年に発表された「44GS」により、グランドセイコーのデザイン哲学である「セイコースタイル」が確立されたわけだが、その「燦然と輝く時計」を現代解釈して誕生した今回の限定2モデル。メカニカルモデル1型、スプリングドライブモデル1型でともにケース、ブレスレットに世界最高峰の耐食性を誇る「エバーブリリアントスチール」を採用。一般的な腕時計用のステンレススチールに比べ、約1.7倍のPREN(孔食指数)値をもつというから驚きだ。通常のSSに比べ白みを帯びた美しい色合いが、腕元のエレガンスを演出してくれる。

「悠久の時の流れ」を表す、型打ち模様の美しい文字盤

メカニカルモデルは「ダークブルー文字盤」を、スプリングドライブモデルは「ダークグレー文字盤」をそれぞれ採用。

ともに文字盤上に、悠久の時の流れを表す深く繊細な型打ち模様が施され、光の当たり具合でその表情を変える。

「美しい自然をモチーフ」にしたムーブメントの仕上げ

各モデルとも、それぞれの製造地である雫石、信州の豊かな自然から想を得た仕上げが施されている。

メカニカルモデルに搭載の毎時3万6000振動のハイビートムーブ「キャリバー9SA5」には、雫石川のなだらかな波紋をモチーフにした「雫石川仕上げ」が施されている。

一方で、スプリングドライブモデルに搭載の「キャリバー9RA2」には、厳寒期の信州地方で見られる霧氷を表現した「信州霧氷仕上げ」が施されている。各世界限定550本(うち国内200本)。甲乙つけがたい仕上がりで、どちらを選ぶか非常に悩ましいところだ。

【関連記事】:http://three-best.sakura.ne.jp/diary.cgi

No Comments

グッチ メガネ コピー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です