ファッション

機械式時計は常に高速で、間違いなく短いひげゼンマイであり

機械式時計は常に高速で、間違いなく短いひげゼンマイであり、磁気現象から除外されています。

実際、sは白色で、振り子と同等の振り子です。中学の物理学の知識、ホイヘンスの振り子の原理によると、スイング周期はサイクロイドの長さにのみ関係します、周期=4π∫R/ g、ここでRはサイクロイドの長さ、gは重力の加速度です。長いほど、振り子の動作は速くなります。
 
ひげぜんまいは機械式時計の魂です。機械式時計のひげぜんまいはムーブメントの最も軽い部分であり、機械式時計の調整はひげぜんまいによって行われ、テンプ輪も制御されます。これはわずか21グラムの人間の魂に似ています。ひげゼンマイの材料特性、長さ、厚さ、幅、弾力性、形状により、時計が正確かどうかが決まります。ヒゲゼンマイに問題がある場合、機械式時計は間違いなく正確ではありません。
崬嵄呙垝櫰嵝崬嵄呙垝櫰嵝崬嵄呙垝櫰嵝崬嵄呙垝櫰嵝崬嵄呙垝櫰嵝崬嵄呙垝櫰嵝枲噙枲噙枲噙嵦悾檎柮悀峇嶹呻峓埏啼嵦悾檎柮悀峇嶹呻峓埏啼嵦悾檎柮悀峇嶹呻峓埏啼嵦悾檎柮悀峇嶹呻峓埏啼
 
ひげぜんまいは機械式時計の魂です。ひげぜんまいの振動部分の長さはてん輪のスイングの遅さを決定し、てん輪のスイングの速度は時間の移動速度を決定します。時計の速度と遅さは、ばねの弾性位置の長さを調整します。ばねの振動部分の長さは、速い針と遅い針で簡単に調整できますが、マニュアルで針の速度を正確に調整することは困難です。一般的に、時計の移動時間の精度を変更するために2つの調整構造が使用されます。1つはカード度付きのひげぜんまい構造で、もう1つはカードなしのひげぜんまい構造です。カード度付きのひげぜんまいの構造は、歩行時間を調整する目的を達成するために、速度位置を調整してひげぜんまいの有効な長さを変更することです。カード度なしの構造は、てん輪のネジの開閉を調整するか、置かれた回転を調整することです時間を調整する目的を達成するための重りの位置。カードとカードフリーのタイミングの主な違いは調整範囲です。カード度のバランスは数分で調整できます。カードフリーの調整時間は1分以内で、使用中のエラーはカード構造よりもはるかに小さくなります。これがハイエンドのセラミック時計がカードレスのヒゲゼンマイを使用する理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です