ファッション

バレンシアガ“グッチのデザインコード”を再解釈、“ダブルB”モノグラムのバッグやウェアなど

バレンシアガ(BALENCIAGA)は2022年春コレクションにて発表した、グッチ(GUCCI)のコードを再解釈した「ザ ハッカー プロジェクト(The Hacker Project)」のアイテムを、2021年11月15日(月)より順次発売。ミルフローラ 偽物連動して、バレンシアガ 青山や、伊勢丹新宿店などにて、期間限定ストアも開催される。

グッチのコードを再解釈したバッグやウェア

「ザ ハッカー プロジェクト」では、バレンシアガがグッチのコードを再解釈。「ダブルGモノグラム」など、グッチのシグネチャーを概念的に解釈して落とし込んだハンドバッグやレザーグッズ、ウェア、アクセサリーなどを展開する。グッチの象徴的なデザインをあえて大胆に用いることで、ブランディング、流用、偽造の概念に疑問を投げかける。

グッチのアイコニックな「ダブルGモノグラム」は、「ダブルBモノグラム」に変換。グリーン・レッド・グリーンの「ウェブ ストライプ」をあしらったショルダーバッグやホーボーバッグに採用されている他、長財布やカードケース、ベルト、ストールなどにも印象的に用いられている。

期間限定ストアの限定トートバッグ&ジャケット

また、バレンシアガ 青山などの一部直営店や伊勢丹新宿店にて開催される期間限定ストアには、限定アイテムもラインナップ。「ダブルBモノグラム」のトートバッグには、“THIS IS NOT A GUCCI BAG”といったグラフィティ調ペイントをダイナミックにあしらい、エッジと遊び心を効かせている。

加えて、パファージャケットにも「ダブルBモノグラム」を総柄でオン。存在感のある佇まいに仕上げたアウターだ。

【関連記事】:http://roundfashion2.eklablog.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です